ガラスリペア

  • HOME
  • ガラスリペア

交換ではなく、補修という選択も

フロントガラスに飛び石が飛んできて小さな割れ・ヒビができてしまった。
「交換以外で何とかならないの?」という方にガラスリペアというメニューもございます。
出張施工もいたしますが、よりよい仕上がりのためにご来店をオススメいたします。

3cmまでのヒビなら補修可能です

リペア台数約3万台!!全国でも有数の実績!!

ガラスリペア

ガラスリペアとは、ガラスの交換ではなく、
飛び石などによりヒビが入った部分にレジン液を注入し、固めてヒビが延びないように補修することです。
傷やヒビの大きさが3cm程度までなら可能となります。
ガラスの交換よりも大幅に安価で補修することができ、大変お得です。
ただし、補修痕が必ず残ってしまうことと、
補修をしてもその後またそこからヒビが延びてしまうことがあるために、完全とはいえません。
当社は年間約2,000台施工しておりまして、施工中にヒビが延びてしまうケースが2~3台、
施工後にヒビが延びてしまうケースも2~3台と業界内でも屈指の実績があります。
作業時間は大体1時間弱です。
作業後すぐ走行可能です。
予約をいただけましたらご指定の時間に職人が待機しているようにいたしますので、
当社より徒歩圏の長野駅や県立図書館などをお楽しみいただいている間に補修完了なんていうのはいかがでしょうか?

リペアは1箇所からでも対応いたします!

安価なコストと短い時間で補修ができるため、
小さな傷をすぐに補修したい方におすすめです。
ただし、下記についてご注意をお願いいたします。

  • 3cmを超える大きなキズは基本的に傷跡が目立つ為、補修をオススメいたしません。
  • 補修痕は必ず残ります。
  • 補修中・補修後、ヒビが伸びる可能性がございます。
  • 雨の日の施工はオススメいたしません。ヒビの中に水分が入り施工不良(仕上がりが白濁)の原因となります。
  • 撥水加工をしているガラスへの補修は、レジン液をはじく為オススメいたしません。当社でしたらできますが、はじきを無くすためレジン液を強めに入れるので、傷痕が普通より目立ちます。
  • 運転席の目の前にあるキズの補修はオススメいたしません。当社でしたらできますが、目の前はどうしても視線に入るために気になることもあります。
  • ガラスの縁・エアコンの噴出し口付近にあるキズの補修はオススメいたしません。当社でしたらできますが、キズが伸びやすい位置で、それを抑える為強めにレジン液を入れるので少し傷痕が目立ちます。
  • 作業にはレジン液の作業中硬化を防ぐ為日陰が必要です。
  • 出張施工もいたしますが、よりよい仕事のためご来店いただくことをオススメいたします。
  • 一度補修したが三分の一~二分の一位しかレジン液が入っていないキズは、当社でしたら再補修できますが、完全にレジン液が入るのは再施工中半分位で、10パーセント位残ってしまうこともあります。
  • プリウス、アクアなどの他車種と比べて内側のガラスが0.2ミリ薄いフロントガラス、修理できます。失敗したことは有りません。

上記は原則ですが、どうしてもという場合はお気軽にご相談ください。